校 長 挨 拶


                                                                                       地域とともに歩む留萌高校

校長 間  義浩

 本校は、平成30年4月1日、留萌高校と留萠千望高校が統合し、「北海道留萌高等学校」としてスタートしました。
 留萌高校は、大正13年に開校し、創立から95年の地域の伝統校して、留萠千望高校は、20年間にわたり、2学科を有する専門高校として、それぞれの歩みを続けてきました。これまでの両校の特色ある教育活動や伝統という足跡を引継ぎながらも、統合校新たな教育活動を創造し、一層の充実に努めて参る所存です。

 統合2年目となる今年は、昨年の取組と検証を踏まえ、
  学校経営の方針を「一人ひとりを大切に育てる教育実践」と定め、
  具体的には
 (1) 教職員一人一人の力を組織力として高めるため、機動的な組織体制とし、生徒の情報 共有に努める。【生徒を繋ぐ】
 (2) 生徒のニーズにあった教育活動とするため、柔軟な不断の改善を行い、実効性ある評  価の充実に努める。【実践を繋ぐ】
 (3) 保護者・地域からの期待と信頼に応えるため、相互理解と連携を密にして、地域とともに歩む学校づくりに努める。【地域を繋ぐ】
 (4) やりがいのある職場、風通しの良い職場とするため、国や道の「働き方改革」や「部活動休養日等の完全実施」の動向を踏まえ、業務の平準化、効率化に努める。【意欲を繋ぐ】
 として取り組んで参ります。

  特に、本校は留萌市唯一の高校として、高齢化を伴う人口減少社会にあって、地域と連携しながら、生徒達の学力向上と人間形成、進路実現に努めつつ、地域を支える使命を全うする決意ですので、ご理解とご支援のほどよろしくお願い申し上げます。