留 萌 高 校 野 球 部

チームテーマ

「 一 体 感 」

   
写真 写真

画像

1 顧  問

  部 長  目黒 達哉(めぐろ たつや)
  監 督  内藤 尭弘(ないとう たかひろ)

2 部  員

 2年生3人 1年生3名 計6名(平成27年3月現在)

  ※ 野球部10ヶ条は、画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。

3 活  動

 平日  放 課 後〜19:30(シーズン中はグランド整備等を含めると20:00)
 休日  8:00〜17:00(練習試合で遠征する場合は前後します)
※ 考査期間中や長期休業中には進路目標の実現に向けた勉強会なども行っています。

4 HPをご覧の皆さんへ

画像

 留萌高校野球部が一番大切にしているのが「心」です。3年間で身につけるものは野球の技術・体力はもちろんですが、野球が上手いだけでは大人になった時に社会で活躍することはできませんし、それどころか野球でも勝つことは出来ないと思っています。「自分−野球=0」にならないように、「野球を学ぶ」だけではなく、「野球で学ぶ(野球を通して様々なことを学ぶ)」活動の中から、今後の人生の礎となる人間性を育てるため、日々自分自身と向き合って活動しています。人間は生きていく中で、様々な苦難や困難と出会うことになります。その時に、自分がどういう風に考え、その困難を乗り越えていくか。大切なのはそこから逃げず、向かっていく強さを身につけることです。留萌高校野球部ではそのような「心の成長」に重点を置きながら、目標である2回目の甲子園出場、そして留萌高校の新しい歴史となる甲子園一勝を目指して日々練習しています。

 

5 中学生の皆さんへ

 はっきり言って留萌高校野球部の活動は厳しいです。練習時間も他の部活動と比べて長く、練習量も多いと思います。さらに文武両道を目指しているので勉強も手を抜かず努力します。そのため、皆さんが頭に思い描くような、「楽しく」「誰でも」できる部活動ではないかもしれません。しかしそれには理由があります。それは、私たちは「普通ではできないことに挑戦」しようとしているからです。苦難を乗り越えて今まで出来なかったことが出来るようになる喜び、全校応援の中で支部代表や北北海道代表をかけて戦う時の鳥肌が立つような興奮など、厳しく苦しい日々の中には日常の生活では体験できないような「本当の楽しさ」があります。過去の卒業生も「野球部に入れば良かった」と言う生徒はいても「野球部に入らなければ良かった」と言う生徒は1人もいません。必ず「野球部に入って良かった」と言ってくれています。卒業後も「野球部で過ごした厳しい日々があったからこそ、今の辛い時期も乗り越えられた」という卒業生も数多くいます。過去の先輩方が証明してくれているように決して後悔はさせません。お互いに自分自身を成長させ、留萌高校の歴史を塗り替えましょう!


   ● 入部に関するQ&A(入部希望者向け)※クリックすると閲覧できます ●